誕生日などは人によって贈る金額が変わります。

宅配サービス

コラボ商品で商機をみいだす

今も昔も贈り物といえば花が有名です。母の日にはカーネーションを贈ります。車のトランクを開けるとトランクいっぱいのバラがあった。なんて芸能人がテレビで話していました。プロレスの試合では入場時に花束を贈ります。アイドルの卒業シーンも登場します。かなり昔ですが、フラワーショップに行って遠く離れた人のところへ贈るサービスが始まりました。花キューピットが展開するのそのサービスはあっという間に広まりました。今ではどこのお店でもやっています。フラワーショップの需要の多くは贈り物です。これは私が印鑑店を営んでいた時に、向かいのフラワーショップで知りました。フラワーショップが宅配業者さんと組んで行うサービスが花の宅配です。コラボ商品とかシナジー効果などと呼ばれるすばらしいマーケティング手法です。

宅配サービスは花屋さんにも良い

花屋さんの主力商品の贈り物ですが、これは結構難しい商品です。花は市場で仕入れてきます。生ものなのですぐに枯れたり、しおれてしまいます。しおれた花を贈るわけにもいきません。そのため仕入れたらすぐに販売する必要があります。仕入れは前日か当日の朝行います。そしてフラワーショップは輸送や回転を早めるためにスーパーなどでも必ず出口付近や入り口付近になります。ここはほぼ外で営業してるのと同じです。冬は非常に寒いです。どこのフラワーショップも皆口を揃えてフラワーショップは寒くて大変だと言います。そうなんです。テレビの刑事ドラマで出てくるフラワーショップは必ず若い娘さんです。そうなんです。重労働であることと回転が早いことから若い人でないと務まらない側面があります。行ってみると分かります。フラワーショップの店員さんは若い人が多いです。花の宅配は厳しい労働を緩和します。フラワーショップにとっても宅配サービスは良いことなのです。

Copyright (c) 2015 誕生日などは人によって贈る金額が変わります。 all reserved.